You are here: Home » Google SEO

Google SEO

Google SEOを行う上での心構え

GoogleのSEOを行う上で、大事なことをいくつかのトピックと共にまとめてみます。

検索エンジンはユーザのために存在するという認識

Googleは、Googleの検索エンジンを利用する検索ユーザに対し、検索ニーズをみたすレコメンド(検索結果)の価値向上に向けて追求し続けています。
SEOにはさまざまなテクニックがありますが、常にこの施策はユーザのためになっているのか?という自問自答するようにしましょう。

とはいえ、競合他社よりも上位表示させるために「過剰にSEO」を行う必要があると判断するかもしれません。

どの程度、Googleに評価されて、ペナルティに影響する度合いの手前まで施策をすることができるかが肝になります。

そのような判断をする場合には、SEOの経験とケーススタディが豊富なSEO会社などにコンサルティングしてもらう方が良いかもしれません。
無知な上に、過度なSEOほど危険な物はありません。ご注意下さい。

小手先のSEOに惑わされない

以前は、小手先のSEO、いわゆるテクニック重視の施策で上位表示を短期間で実現することができました。
しかしながら、現在のGoogleアルゴリズムでは、逆にそのことばかりに着目し、施策を行っても、効果が見えない。もしくは、逆にマイナス要因に働く場合があります。

2012年上旬時点のSEOトレンドとしては、コンテンツに対して着目することがSEOに効果的と主観も混じりますが、判断しています。
具体的に言うと、【どのようなテキストの書き方】【どのようなサイト構成】が、Googleに評価されやすいかなどのSEOの基本情報をもとにし、ユーザのためになるコンテンツ、そのコンテンツに投票(被リンク)が集まるような導線を構築し、ナチュラルリンクを獲得していくことを目指してサイト構成していくことが順当です。

もっと入り込んだことを言うと、企画段階から、どのようなアンカーテキスト(テキストリンク)で被リンクを獲得したいか?というところから考えてみることをお勧めいたします。その選択したアンカーテキストで上位表示することで中~長期でトラフィックを獲得していけるかもしれません。とはいえ、キーワードよりもユーザニーズを反映したコンテンツ、ユーザ目線が大前提です。

Googleの想いを汲む(主観)

長い期間、SEO業界に携わってきました。その期間の中でSEOの方向性や判断に迷ったときは、Googleの気持ちになって考えるようにしてきました。
その都度、Googleだったらどのような判断をするのだろうか?っと。その時々のトレンドを踏まえて自分なりの解釈をエッセンスとして盛り込み、SEO施策に活かしてみて下さい。

繰り返しになりますが、検索エンジンは、ユーザのために存在している!という前提条件の下、考えていくとまた違った施策が思い浮かぶかもしれません。

 

サイトテーマの一貫性が重要と考えられている

最近のGoogle SEOでは、サイトテーマが、サイト全体で一貫性があるとSEO上で良い影響を与えると考えられています。
各種コンテンツももちろんですが、サイトマップ(サイト構造)を意識してコンテンツを制作していく必要があります。

一つのメインテーマがあるのに、それぞれの下層ページでは全然違うことをテーマとして伝えている。
そのようなサイトを信用できるかというと信頼できないのではないでしょうか?

概ね、そのような背景からよりテーマが統一されたサイトを評価するような流れになっています。

では内部要因の調査方法とはどのような方法があるのか?

内部要因を本格的に調査するためには、数サイトのベンチマークでは足りません。
数百サイト規模で内部要因を調査し、また最新のSEOアルゴリズムの変動の際に、
履歴から最新の内部要因に効果的、ないしは影響を与えている施策や事柄を調査・分析していく必要があります。
その規模で内部要因を調査・分析を行っているSEOサービスは、「SEONEO」です。
SEONEOは独自の評価アルゴリズムを搭載したクローラーを用意し、
最新のアルゴリズム変動の傾向を調査しているようです。
実際に、高い上位表示率を実現している点からもその信憑性は高いかも知れません。

Googleのページランクについて

Googleのページランクは、以前ほど検索結果の順位付けとの相関はなくなったと考えられています。
人気キーワードなどで必ずGoogleページランク5以上が上位を独占しているかというとそういう理由でもないことが分かります。

また、ページランクは、現時点での結果を出している理由ではなく、約1ヶ月~2ヶ月前のデータを反映しているとういこともあり、リアルタイムの情報ではないということを情報としてお伝えします。

個人的になりますが、私がGoogleページランクと向き合うときは下記のような感じです。

  • サイトのページランクが上がったら以前よりもGoogleに評価されているかもしれないという所感
  • ページランクがついたサイトもしくはページからの被リンクは特に嬉しい。
  • 競合他社の被リンク元を調べるときの外部要因の比較対象の一要因として用いる

 

SEO外部要因

Googleが外部要因の評価として用いているだろう要素の中で、特にSEO効果が見込めると注目している要因について解説します。

 

関連性の高いリンクの価値について

先ほどからも「コンテンツ重視」という事を何度も連呼してきましたが、どうやら外部要因にもその要素があると思われます。
同一のコンテンツからの被リンクを獲得する方が、全然関係のないジャンルからの被リンクよりも評価が高いという内容です。
確かに言われてみると、納得性の高い仮説ではないかと思います。

同一のジャンルからナチュラルで価値の高い被リンクを獲得することが理想的です。

 

アンカーテキストについて

対策しているサイトで獲得しているアンカーテキスト(テキストリンク)の中で、一番多く獲得しているジャンル、キーワードを調査してみることをお勧めします。
その上位のアンカーテキストが自身が理想と考える、ジャンルもしくはキーワードになっているかどうか、もし、異なっているのであれば、そのキーワードで獲得できるようなコンテンツを生成する、企画を打ち出すなどを考える必要があります。どんなに内部対策でそのキーワードで強調しても、外部からの投票がそれとは乖離があるようでは、まだまだコンテンツを作り込める余地があるといっていいでしょう。

また、SEO同様に注目を集めているサービスがあります。
それは、Googleマップ上位表示サービス(MEO)です。ローカルSEOとも呼称されます。
MEOについてはコーボーのMEOサービスページをチェック。

業界初の生活トラブル専門サイト「生活トラブル本舗」を紹介!生活トラブル本舗は、緊急性が大変高い「カギ」「ガラス」「水道」などのトラブルが起きたときに、1分でも早く駆けつけてくれる地元業者(鍵屋、ガラス屋、水道屋)を簡単に探すことができる業者検索サイトです。各サービス提供会社のサービスや強み、料金から比較検討ができるのが魅力的です。詳しくはこちらから